すごいよ赤ちゃん!

すごいよ赤ちゃん!_d0108041_21442436.jpg

四ヶ月になるわとくんを見つめていると、
「人間の始まりの状態って、こんなにも無条件にワクワクしているものなのか!」と、驚かされる。
採れたてのフレッシュな期待と好奇心だけをギュウギュウにパックして産まれてきたような感じ、といったらいいか。
とにかくニコニコ笑っているのだ。もちろんその何倍も眠ったり泣いたりしているけど。
目が合えばニッコリ。
人のあくびを見てはニッコリ。
俺のTシャツの柄を見つめてニコニコ。
うんちをしながらニコニコ。
絵本にいたっては、単なるオレンジ色の丸や三角の絵を見せただけで、キャーキャー歓声を上げて喜ぶという離れ技をやってのける。
ジッタン!バッタン!と、それはそれはものすごい力で、体をねじって、手足をふり回して、大声あげて、オレンジ色の丸に喜ぶ。
すごいよ、赤ちゃん。
ハリウッド映画や野外ロックフェスなんか必要ないんだから。
わとくんにとって、オレンジ色の丸が最高のエンターテイメントです。
一方父親はというと、いったいなにがそんなに楽しいのか、なにがそこまで興奮させるのか、想像をめぐらせてみてもまったくわからなくて、すっかり枯れてしまった自分の感性に気づく。

「意味」やら「義務」やら「責任」やら、俗世のルールにからみ取られていないわとくんの心は、実に晴れやかです。

今夜は制作中の作品について書こうと思ったが、やめた。
日々の労働にめげず、他人の浅はかな評価にめげず、憂うつにめげず、着実に進みつつあるこの作品の力を信じて、ただただ作り続ければ良いのだから。ねえ。絶対、そうだろう。
この世界は生きるに値する素晴らしいものだという、たったそれだけのことを言いたいがために、えらい大がかりな物を作り始めてしまった。
この思いがどうかみんなに届きますように。
by kan328328 | 2013-10-01 21:52 | 日常

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29