釘を打て!!

d0108041_02125066.jpeg

来年、展示の機会がありそう。


俺はうれしい。


ここは踏ん張りどころ。
気合いを入れないと、ダメだ。

休みの日、気がつくと、
ずーっと放心してたりするから。
白目むいたまま、チキンラーメンとかすすって。


デリケートだ、俺は。


のど元にグムム・・・とつっかえている、
「抑圧」のようなものが原因だ。


このつっかえを安易に吐き出そうとすれば、叫びになる。
20代の頃は土手に行き、誰はばかる事なく叫んでいた。
上杉和也を亡くした南ちゃんのように。


30代になるとさすがに、
色々とはばかって飲み込んでいる。

はた目に30代の絶叫ってのは、かなり怖い。

d0108041_10511476.jpeg
というか抑圧は叫んで発散せずに、
「芸術作品」という形に落とし込めばいいと、
29歳くらいでようやく気がついた。


いろいろと出遅れてしまった訳だけど、
スタートを切ったので、あとは突っ走るしかない。


外は落ち葉の季節だ。


公園のベンチでボーッとしていると、

新しいアイデアがまるでアメーバのように、
くっついては離れ、ひろがったかと思えば、
パチパチとはじけて消えていく。

それを忘れないように、ネタ帳に書きとめる。


このくりかえしだ。

もう、ネタ帳がすごい。


写経のようにビッシリ書き連ねた文字が、
もはや耳なし芳一も引くレベルになってる。

d0108041_02131628.jpeg


さっさと作れよ、ほんと。


ネタはもう十分だ。


作ろう。


まどろんでいるだけで時が過ぎるぞ。


死ぬぞ。


とりあえず、
こないだホームセンターで買った材木に、
釘を一本打つなり、何なりして、
このたれ流しぎみな日常を一点突破だ。


釘を一本、コーンと打つだけで、
案外すべてが始まったりするものだ。


無の空間にとつぜん一点の穴があいて、
そこから全宇宙がひろがったように。


武蔵村山でビッグバン起こしたれや!!


デリケートな感性とかもう、いいから。

俺がセンシティブでガラスの心だって事は、
よくわかった。もういい。


シコ踏めよ。


全力で。


それがイヤなら、釘を打て!!

by kan328328 | 2017-12-12 10:52 | アート | Comments(0)

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30