一億総アドバイザー社会

d0108041_02114747.jpeg

来年の6月に多摩美の彫刻棟ギャラリーで、
個展をさせて頂くことになりました。


いつものごとく、全力で出し切ります。


その展示では新作も出そうと考えており、
今は、作品のテーマを掘り下げるために、
ぼんやりと思案してるところ。


ぼんやりったって、
展示までもう5ヶ月くらいしかないですが。


楽しみだなあ。


そういや、親せきの方が以前、
僕のためにわざわざ会合を設けてくださって、
その席でじつに5時間にもわたって、

「あなたの作品は暗いから、もっとキレイで明るくて売れる作品を作りなさい」

と、僕に何度も、何度も、何度も、何度も、
アドバイスをしてくれました。

その説得は日をまたぎ、
ついには夜中の電話にまで及んだのですが、
大変申し訳ないことに、僕は今まで、


「キレイで明るくて売れる作品」


に感動したことが一度もないのです。


なので、そんなクソみたいな作品、
僕には作ることができません。
次作もまた訳わからん作品になると思います。
すみません…


自分が感動する作品というのは、


作家の止むに止まれぬ思いから作られたもの。

醜くて、やさしくて、残酷で、美しいもの。

対象をどこまでも真摯に見据えたもの。

詩を感じられるようなもの。

とことん狂っているもの。

わけわからんもの。


だから僕も怖いながらも、
自分の中にある未知の領域に踏み込んでいって、
「ナマ」な作品を獲得したいです。

by kan328328 | 2017-12-17 06:21 | アート | Comments(0)

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30