ファインディング・キモ

d0108041_23520225.jpeg

新年を迎えるにあたり、

開設11年目にして初めて、ブログのデザインを変えました。

トップに記事の見出しが並ぶようにしたので、
パソコンで見たとき、とても読みやすくなりました。

スマホ画面はいつもと変わらないけどね。


こうして、
今まで俺が書いてきた数少ない記事を読み返してみると、
自分はつくづくめんどくさい人間だと思い知らされます。


一人称はその日の気分によって、
「僕」「俺」「私」「自分」とまとまりがなく、


作品の失敗・プレッシャーにおびえたかと思えば、

うれしい出来事に幼児のごとく興奮し、

ひたすら全方向に毒を吐き散らしたかと思えば、

悲しみにくれる自省録を淡々とつづってみたり、

あふれんばかりの友情を叫んだりと、さわがしい。


これを本名のまま、
10年以上ネットにさらしてきたのかと思うと、
自分の露出狂っぷりにただ、あきれるばかりだ。


読んでいるコッチがこっ恥ずかしくなるくらい、
思いの丈を書きなぐった駄文もいくつか(全部?)あるが、
それも味わいかと思い、削除せずにそのまま残してあります。
d0108041_23524722.jpeg

展示をしたときは、本当にたくさんの人たちが、


「ブログ読んでます」


と教えてくれて、とても嬉しかったのだけど、
わざわざ申告してくれるそのほとんどは女性で、
男性はチラホラと数えるばかり。


多分、あまりに赤裸々なこのブログの文面は、
おなじ男の立場として、この上なく気持ちが悪いんだろう。


うん・・・


まあ、キモい。

キモいよ、オッケ!

d0108041_23550052.jpeg

でも俺はさ。

ずっと昔、それこそ14歳くらいからずっと、
たとえ「男」であっても、
いや、むしろ「男」であればこそ、

恥じらいとか、もろさとか、傷つきやすさとか、

そういう、自分の敏感な部分をあえて「さらす」ってのは、
表現者である以上、最も大切なことだと信じているのです。

最もね。

これはまだ誰にも共感してもらえた事がないので、
書いてて不安になるけども。

詩とかも本質はそういう物なんじゃないのかなあ?


だからあとは、

「そもそも34歳中年男の恥じらいを誰が見たいのか?」

っていう根本的な問題さえ解決できれば、
この主張はあながち間違ってないと思うんですよ。


自分の場合、気を抜くとつい、

「ホラホラ、これを見て」

と、露悪的に傷口を見せたがる悪癖があるので、
そういう欠点は何としても直していきたいです。

気分というものは感染するものなので、
あまりネガティブなことも書かないようにしたいな。


そうだ、あけましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いします!!


三宅感

by kan328328 | 2018-01-12 23:55 | キモ | Comments(0)

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30