d0108041_10250428.jpeg

個展が終わって早4ヶ月。
なかなかブログを書く気になれず。


朝から晩まで介護ヘルパー。
仕事の合間に「ああ自分は芸術家だったっけ」
と思い出す。

いやウソ、片時も忘れちゃいない。
むしろそればかり考えているので、
生活と折り合いをつけるのがハード。

この鬱憤を家庭に持ちこまぬよう、
あーでもない、こーでもないと呟きながら、
一人公園を歩いたりして休日は過ぎていく。

赤や黄色に色づいた落ち葉を拾っては、
まじまじとながめる。

これは何の葉っぱとか、これは何の実とか、
そういう学究心は持ち合わせてないので、
ただ葉を陽にかざしては「きれいだな」
と思うだけ。知識いらない。


公園で秋の深まりを感じるのも、
濡れそぼった落ち葉のみじめさを見るのも、
今年でいったい何度目かや。
人生リピートしてるんだろか?


ニガテだ秋は。さみしいから。

d0108041_10244711.jpeg

ベンチがあれば座る。
自分の心をボンヤリ内観すると、

この放心をだれかに当てつけるような、
かくれんぼで鬼がくるのを待つ子供のような、
ずいぶん受け身の心象であることに気がつく。

そういう甘えに気づいたときは、
頬をパシンと叩いて何クソと立ちあがる。


おー、なんつーか、
自分だけを信じて制作するというのは、
一寸先も見えない闇夜を走るのに似ている。

血迷ったオッサン発ロマンス急行という感じ。
アブないので白線の内側までお下がりください。

d0108041_10252094.jpeg

日々、息子がおもしろい。
息子が描く絵も、謎のダンスも、気取りも、
チビのくせに一丁前でおもしろい。

そして妙にいじらしい。

父親の愛が伝わっているのか不明。
とりあえず寝る前には本人がウザがろうと、
「大好きだよ、大好きだよ」
と言って、きつく抱きしめている。
育児ってこれでオケー?


暑苦しー。
なんか今日ヒートテック着すぎたし。

この先、
一人で制作する時間がなくなったら俺は、
発狂するか、自殺するか、毒親と化し、
家族に多大な悪影響を及ぼすと思われる。


いや、ウソ。
そこまでリミッター振り切れない。

何も作らなきゃ作らないで、ほどほどに、
狂わず、死なず、毒にもならず、ほへへ。
とか笑ってる間にお迎えがくるだろう。


だからこそ、作るなら今しかないのだ。

by kan328328 | 2018-10-29 10:27 | 日常

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31