はずかしいノイズ

d0108041_00494875.jpeg

群馬にゆかりのあるアーティストとして、
FM群馬ラジオに取材していただきました。

11月28日(水)18時〜19時
「ユウガチャ!」

という番組内で10分くらい紹介されるとの事。
ネットラジオのラジコでも聴けるらしいので、
時間がある人はぜひチェックしてみて下さい。

で、最近の私。

近所の図書館には一般に開かれた学習室があり、
たまに出向いてはカリカリと執筆している。

新しい作品のアイデアだ。

来月、前橋でやる個展が終わったら、
さっそく制作に取りかかろうと思う。

学習室にはいつも何人かの利用者がいて、
みんな音もたてず静かに勉強している。
何か聞こえてきたとしても、
ペラ、ペラ・・・とページを繰る音や、
スッ、スッとひかえめな衣擦れくらい。

その緊張感にうながされ、俺もノートを出す。

d0108041_00503098.jpeg

俺がいつも持ち歩いているアイデアノートには、
落書きやコラージュがヤマトノリでベタベタ貼ってある。
文字は写経のようにビッシリと書き込まれ、
そのぶ厚い見た目と相まって、ただただ怪しい。

ページを開く。

バリ、バリ・・・

いやな音がなる。
ノリが乾いて、ページが固まっているのだ。

ベコ。

メキ、メキ・・・

ベリィッ!!

昼下がりの学習室に怪音が響きわたる。
勉強中の学生たちがいっせいにふり返り、
俺の異様なアイデアノートを一瞥すると、

「なんかヤベーの来てる」

という具合に顔を背ける。
そんなよそよそしい空気に傷つきつつ、
俺は細心の注意を払ってページをめくる。

ベコォ

ビリィ・・・

はずかしいノイズは止まらず、
俺は頭の中で、

「ダイバーシティ、ダイバーシティ…」

と、前向きな呪文を唱えるが、
疎外感は強まるばかり。
俺は観念してアイデアノートをしまい、
ブログ執筆に切り換える。

久しく書いていないブログ画面を前に、
最近何があっただろうと思い返してみる。

d0108041_00513422.jpeg

息子とガチのコリントゲームを作ったこと。

家族で初めて鹿児島旅行に出かけたこと。

カブトムシを20匹捕まえて近所に配り、
卵から幼虫を孵化させて押入れで飼っていること。

中学の同窓会に初めて出席し、
20年ぶりの旧友たちと再開したこと。

学生時代にベスパを盗まれた痛手があるのに、
性懲りもなく20万の中古バイクを購入して、
初日に転倒したこと。

なんか20という数字が並んだけど・・・

d0108041_00525354.jpeg

今年の夏は色々あったものの、
ほとんど記録せずにスルーしてしまった。
いや、
何度か文章化しようと試みたのだ。
記憶の鮮度が落ちぬうちに、
キーボードをポツポツと押し始める。
が、

ふと虚しくなって、全部削除してしまう。

そのくり返しであった。

太宰治のトカトントンじゃないけれど、
「何だかなぁ」という虚しさに捕らわれると、
パタンと液晶を閉じてしまうのだ。

そんで空を見る。

学習室の窓から見えるのは、
向かいの建物の屋上と白い雲だけ。
そこに俺の心がまったりと溶けこんでいく。

晴れた日の川面で小石が光るように、
ぼんやりとした想念のあちらこちらで、
キラキラと反射するモノがある。

それを意識の網の目で丹念にこしてみれば、
光っているモノの正体がじつは、
過去に友人たちの発した言葉だったとわかる。

普段なにげない会話の中で、
友人達がつぶやいた一言がまるで砂金のように、
俺の心の中にずーっと沈殿していたのだ。

以下、
ランダムに書き記してみた。
至極のアフォリズムが揃っていると思う。

d0108041_01004938.jpeg

俺「年をとって初期衝動に頼れなくなってきたよ」
R「青春が終わってから本当の表現が始まるんじゃろ」


俺「テーマばかり先行した作品には愛がないよな」
S「人が物を作るという行為自体、愛だと思います」


俺「俺は方法論で物作りはしないからさ」
K「それも方法論の一つですよ」


俺「死んだ花嫁の結婚式を映画で撮りたいんだ」
M「何がめでたくてそんなバカバカしいもん撮るの?」


俺「僕は時事的な作品なんか作りたくないんです」
I先生「どんな作品にも時代性がクッキリと刻印されていて、作家はそこから逃れることはできない」


俺「女同士の会話って男の話題ばっかだな」
N「まー、それが人生なんじゃね?」


俺「人には色々な事情があるし一概に否定できないね」
K「うん、正論。ほんとつまらない正論」


俺「瞑想したら毎日健康になって鬱病も治ってさ」
T「オメェクソつまらねぇ人間になりやがって」


先日亡くなった親戚の女性
「(俺の壁画を見て)あーこれは家庭を棒に振ってこしらえたモンですなぁ」


S「ろくに制作していないと相手の顔を直視できんだろ?」

などである。

書き出してみると、
人ってなにげない会話の中で、
こんなにも味わい深い言葉を発するのかと、
感動してしまう。

今まで自分も、
こういう言葉にはげまされたり、
思い出し笑いを誘発されたり、
背すじを伸ばしつづけてきたんだっけか。

俺のタワゴトを瞬時に斬り捨てる返答も多く、
それもなんだか笑ってしまう。

友人との会話をこれからも大切にしたい。

by kan328328 | 2018-11-25 01:03 | 日常

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31