ハートマン軍曹黙って下さい

d0108041_00293227.jpeg

Facebookやtwitter上にて、
自分の宣伝をすることに昔よりは慣れてきたけど、
それでも投稿するときの抵抗感はいまだ拭えない。

「展示するのでぜひ来てください」

と書くだけなのに、脳の司令塔から、

「お前の記事など誰も読みたかない!」

とさけぶ声がする。
俺はそいつのことを軍曹と呼んでおり、外見は、
フルメタル・ジャケットに出てくるリーアーメイだ。
軍曹は居丈高に腕組みしながら、

「コレをしてはならぬ!アレはするべきだ!」

などと指示を出してきて、
あーうるさいとウンザリするけれど、もともとは、
20代の頃に俺が自ら脳に招き入れたのだった。
「どうか僕をりっぱな大人にしてください」と。

美大を出たばかりの俺はホタルイカのように、
心も体もクンニャリしたまま社会に放られて、
このままだと路上暮らしか樹海行きだと憔悴。
あわてて、
社会復帰するための良きアドバイザーとして、
自分の理想とする軍曹を頭の中で創り上げたのだ。

軍曹のトレーニングはいたってシンプル。

バイト先や見知らぬ人との会話のなかで、
俺が自分の思ったことを素直に言いそうになると、
軍曹が鬼の形相で脳内ホイッスルを鳴らす。

「オイ!そのキモい言い回しをやめるんだ」

「オイ!こんな明るい職場で自分語りをするな」

「オイ!さっさとお天気の話題をふれ」

「オイ!そんな濃い返答は誰も求めちゃいないぞ」

どこで話していても、何を考えていても、
軍曹のチェックが入り、気の休まるヒマがない。
辛くはあるけど、自ら求めた特訓でもあるため、
俺はなんとか必死になって、

言葉の個性的なニュアンスを殺し、

無限にひろがる連想の枝葉は切り落とし、

ヒョッコリ出たがる感性は納戸にしまい、

とにかくクソマジメ、クソマジメの形状へ、
自分自身をブラッシュアップし続けた。

そんな痛みのともなう構造改革の甲斐あって、
徐々に俺も社会へと順応できるようになった。
その間、およそ8年くらい。

そしてふと気がつくと、自分が楽しむ事自体に、
罪悪感を持つようになっていた。

d0108041_00294607.jpeg


たとえば熱いシャワーを浴びているとき、

友人宅のやわらかいソファーに座ったとき、

定食屋のTVでお笑いを観てクスッとしたとき、

ふいに豪華な料理をごちそうになったとき、

そんな些細な喜びを感じたときですら、心の奥で、

「こんなに自分を喜ばせて良いんだろうか・・・」

と、自己嫌悪のようなものが広がった。
たとえそこが、
どんなに許されたリラックス空間であれ、
自分だけは楽しんではいけないような気がして、
体は硬直してしまい、全然くつろげない。
心ある同僚の何人かは、

「オン・オフを切り替えるといいよ」

とアドバイスをくれたりもした。けど、
そんな器用にパッパと変えられるものでもなく。

自分を追いつめる傾向は日ごとに増し、
あたたかく、やわらかくお膳立てされた、
心やさしい人たちに囲まれているくらいなら、
いっそゴツゴツと不安定な野外に一人でいる方が、
シックリくるほどになっていた。

寒風吹きすさぶベンチに座っていると、

「そうだ、お前にはそこがふさわしいんだよ」

と、軍曹の笑い声が聴こえてくる。

d0108041_00300102.jpeg

なんかなあ。

ホントに必要だったんかなあ。
特訓。

もし、これが世間でいうところの、
「大人の仲間入り」だとすれば、ホント、
とんでもない所へ来ちゃったな。

今は、そう思う。


そしてここ数年、アートという舞台で、
自分を表現する機会に恵まれるようになった。
だから、
俺はまるで手のひらを返したかのように、
今までずっと虐げ続けてきた己の「感性」に、
ヘラヘラとお伺いをたてる日々が続いている。

やあ。元気してた?

今まで無視し続けて、ごめん。

ほら、俺も若いときは必死だったし、

いろいろと抑制するしかなかったんだ。

軍曹に助けられた部分もあるし。でもさ、

本当は何かを表明したかったんだろ?いいよ。

好きな色を使って、好きなカタチを作って、

好きな事を表現したら良いんだ。

もう否定しないし、俺が間違ってたよ。

ごめん。

そうやって声を掛けはするものの、
「感性」の方からは何も応答がない。

いじめて、いじめて、いじめ抜いて、
とうとう殺してしまったんだろうか・・・

いや、感性は死なない。
ただ、頑なに押し黙っているのだ。
あんなに自虐すればムリもないと思う。

だから、もう決して、
感性を萎縮させるような責務感は負わない。
そう強く決心した、今日このごろである。


おしまい
by kan328328 | 2018-12-28 00:31 | 軍曹

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31