カノンぐらいなら歌える

d0108041_17091320.jpeg

「あけましておめでとうございます」
と書くつもりが、3ヶ月も経ってしまった。

今年に入り、しずかな日々を送っている。

これといって強く求めるものもなく、
目に付くのは不要な物ばかりだ。
長年書きためたアイデア、メモノートの類、
本やCD、映画のDVDを山のように捨てた。

いらないのだった。色々と。
他にも、思い出や経験といった、
人生の豊かな蓄積さえも、今はいらない。

さらさらと摩擦のない心持ちだけがあり、
道に咲く野花を、日ざしを、通行人を、
やんわりと眺めている。そして、忘れる。

ながめては忘れ、ながめては忘れ、

こうやって少しずつ、
大事な物も手放していって、
最後は一人、大の字で寝そべっていたい。

小さな頃から自分は、
ただそれだけの事を望んでいたんじゃないか。
意志やら目的やら、すべてしぼり切った後の、
漂白された昼寝を。

思い返せば、
青春時代の渇望は、何だったのか。
認められたい、特別でありたい、愛されたい、
という、あの過剰な身悶えは何だったのか。

バカなのか。

もしや救いようのないほど、バカなのか。

d0108041_17093162.jpeg

3月の初め、
kahierというバンドの領家弘人君に誘われ、
千駄ヶ谷まで能の舞台を観に行ってきた。

「桜川」という演目自体とても感傷的で、
人間の執着心を美化しており、何というか、
ミニマルを装った演歌にしか見えず、困った。

内容云々というより、
形式や間を味わう芸能なのかな。

わからない。

能が終わって、領家君と居酒屋に入り、
俺は彼にBen Frostという作曲家の、
「The Centre Cannot Hold」
というアルバムをプレゼントした。

彼は俺に洲之内徹の本をくれた。

「いくつになっても、
プレゼント交換は嬉しいもんだ」

と、よろこんだのも束の間、
酒が進むに連れ、罵りあいのケンカになった。
芸術表現について、お互い譲る気がない。

終いには口も聞きたくなくなったが、
ダンマリを決めた所でラチがあかない。
連れ立って高円寺の富士そばに入ると、
キツネうどんだか蕎麦だかすすって店を出た。

d0108041_17100116.jpeg

終電はとうになくなっており、
ひたすら無人の商店街を歩き続けるしかなく、
いつのまにか二人で肩を組みながら、
遠藤ミチロウの「カノン」を合唱していた。
そして始発を待つため、
領家君のアパートへなだれ込んだのであった。


裸電球にボンヤリ照らされた彼の部屋には、
世界中の文学集とCDがズラリと並んでいて、
せまい室内をほぼ占領していた。

その総量に俺が圧倒されていると、
隣室から奥さんが顔をのぞかせて、

「弘人は絶対に物を捨てないんだ」

と、笑った。

無慈悲に物を捨ててばかりの俺は、
ただ「そうかあ」と感心するばかりだった。

d0108041_17085610.jpeg

kahierはいま、
新しいアルバムを制作中だという。

「完成したアルバムを引っさげて、
今よりももっと精力的に活動するんだよ」

と話す領家君は、とても嬉しそうだった。

俺は静まりかえった部屋を見渡しながら、
一人黙々とギターを弾く領家君を想像して、
孤独だな、と思った。
そして、
大事な友達だ、と思った。

by kan328328 | 2019-03-30 17:16 | 日常

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31