さよならコタンくん

d0108041_22153826.jpeg

今年度から、
多摩美術大学で非常勤講師として働きます。
どうぞよろしくお願いします。

昨日は彫刻科の入学式だった。

キラキラの新入生たちが見守る中、
まさか自分にも祝辞の番が周ってくるとは、
思いもせず「それでは三宅先生、どうぞ」
と呼ばれて、俺はギクリと立ち上がった。

頭がまっ白なまま二言、三言話すうち、

「昔・・・女装して町をフラつきました」

と、
謎のカミングアウトが口をついて出てきて、
その後はもう、モヤがかかって憶えていない。

夢だったのかな?

入学式が終わり、俺はさっそく、
最近できた多摩美の巨大図書館へ向かった。
図書カードを作るためだ。

d0108041_22155969.jpeg

重くモダンなガラス扉を開くと、
広大な室内に無数の美術書、文学書、学術書、
映画のDVDがズラーっと陳列されていて、
俺はクラクラとめまいがした。

ああ。

これはまさに、
長年憧れてきた知の殿堂じゃないか。
これから職場で思う存分思索できるなんて。

本当だろうか・・・

本当に、
職場で小難しいことを考えて良いのか。

カッコいい横文字とかも使って良いのか。

「タナトス」とか、言っちゃって良いのか。

「棚おろし」の間違いじゃないのか。

今まで自分がしてきた仕事は、
ファミレス、造形屋、パチンコ屋、時計屋、
学習教材出版社、レンタルDVDショップ、
照明技師、重度訪問介護、ラジオ局受付、
映画館の映写技師、インド料理屋etc

といったバイト群であった。
その多くは基本、業務の回転率が命なので、
店員たちの動きを止めてしまうような、
ややこしい会話はご法度だった。
(あたり前だけど)

d0108041_22164025.jpeg

とにかく必要とされたのは、

瞬発スマイル、かけ足、即決力、
売上目標をかかげる時の大きな声だ。

「今日は20人契約めざしてガンバリャっす!」
「よろっしゃーす!」

そして、
職場の円滑なコミュニケーションのため、
体得せざるを得なかった芸人風リアクション。

「〜からのぉ?」
「イヤちょ、カンベンしてくださいよも〜」
「ハイそこで?・・・って、やらんのかい!」

仕事が終わったなら同僚と赤提灯にて、
ちょっとばかりの諧謔をツマミに、
ナミダ酒を酌み交わしたりもした。

「すみません、こんな不出来な後輩で・・・」
「おっとと、いけるクチだね夢追い人くん」

今思えば、こういったやり取りにこそ、
人間を知るための貴重なヒントが溢れていたし、
現在の自分の価値観を築いているのは確かだ。

ただ、こういったジミな経験則だけで、
あのハイソな大学をやっていけるのかしら。

d0108041_22162645.jpeg

今、何となく気がかりなのが、
現在3つの介護事業所をかけ持ちしながら、
酷使している「腰」のこと。

利用者さんを抱きかかえる際の、
腰の強さ、腰のやわらかさ、腰の耐久性、
腰の回復力、腰のふんばり、腰、腰、腰・・・

介護業界では腰こそがカナメとなる。

なのに、万年ギックリ持ちである俺は、
ムリな姿勢で利用者さんを抱え上げる日々の中、
ゴリゴリと少しずつ腰骨をすり減らし、
休日は布団でうめくだけで時が過ぎていく。

ウアーーーーーッ!と。

絶叫のただ中、頭にあるのはただ一つ、
アトリエに残してきた途中作品のことだ。

「・・・早く行って、修正したい」

制作途中の作品はまるで誘拐犯のごとく、
作家の生活すべてを人質に取ってしまう。

未だ手に負えない作品の事を思うと、
皿を洗う手も、服を干す手も止まる。

d0108041_22161268.jpeg

あー

あの作品、全然良くならないな・・・

てか、前の作品と変わらなくね?

もう少し手を加えようか・・・

いや、いっそ破棄してしまおうか・・・

考えていると神経はヒリヒリしてきて、
同じ部屋にいる家族にまでそれが伝染し、
子供はフキゲンになってオモチャに当たる。
それを見ると俺もまた、
「イヤ暴れたいのは俺の方だモン!」
と、幼児退行する始末。

大丈夫か、俺よ。
いっそおしゃぶりでも吸おうか・・・
こんな状況じゃ、もし仮に、

「パパは、なんで家庭をざわつかせるん?」

と涙目で聞かれたところで、

「現代アートにざわつきはデフォルトなのさ」

なんて5歳児に答えられるはずもなく。
ただ「ゴメンよ」と頭をさするしかない。

d0108041_22165460.jpeg

だから認めよう、今は少し疲労気味だと。

疲労ってのは厄介で、たまればたまるほど、
人を「枯淡モード」に突入させる。
「コタンモード」とは、簡単にいえば、
だんだんと心が枯れてくることを指す。

欲しい物がなくなる。

言いたい事もなくなる。

日中眠くてたまらなくなる。

幼児のたわむれを見てホロリとくる。

鉢花より道に咲く野花に心惹かれる。

友情や愛情に、過度に期待しなくなる。

荒川の土手でおーいと誰かを呼びたくなる。

欲望によって回る現代社会から降りたくなる。

赤サビだらけの平屋から目が離せなくなる。

「旅に病んで 夢は枯野をかけ廻る」

という芭蕉の辞世句が、やたら身に沁みる。

d0108041_22170644.jpeg

こういう、大正期における文豪のような、
私小説的メンタルに変化することを、
俺は勝手に「枯淡モード」と呼んでいる。

でも、
この変化がダメな事なのか、よくわからない。

バイオリズムが鬱々と下がっていく時期は、
むしろ日本的侘び寂びを理解する上で大事かも、
なんて思ったりもして。

そうなるともう、
この変化に抗うべきか、受け入れるべきか、
ますますわからなくなってくる。
だから、何が言いたいのかというと、
つまり自分は、

国宝級にめんどくさい男なのであった。

そして、誰に頼まれたわけでもないのに、
こうしてイラスト付きで身辺雑記をつづるほど、
図太い表現欲求は持ち合わせているわけで。

まだまだ自分はスタミナ太郎なんだと思う。

今、ようやくそれに気づいたので、
これからもがんばって行きますね。

おしまい。

by kan328328 | 2019-04-05 22:54 | アート

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31