誰も寝てはならぬ

d0108041_03003723.jpeg

いまは深夜3時。
昨日の朝からずっとアトリエで制作してます。

いつもこの汚れた手のひら、ジャージ、作業靴で、
既視感ハンパない。自分のまわりを見渡しても、
コンペ作品を作っていた4年前と何ら状況は変わらず。

もっと華々しい未来を想像していたけれど・・・

新作つくるより売り込みをするべきだったのか。
一時増えたかに思えた人脈も、時間が経ってみれば、
こうしていつものブツブツ一人語り。

しゃーないね。

変化といったら、美大の非常勤講師になった事、
日に日に深くなっていく目元のシワ、
ムリの効かなくなってきた身体能力くらい。
だからこそ今、眠い体にムチ打って制作中。

外の雨はどんどん強くなっていく。

今夜はまだ続けるのだろうか。

もうそろそろやめようか。
やめたとしても体力的に、家まで帰れるか怪しい。

ああ、また貴重な土曜日が終わってしまった!

こうして朝を迎え、日曜の夕方から仕事が始まり、
月曜になれば再び労務者へと戻っていくのだ。

そしてこれからも何度も、何度も、何度も、
くり返しつづける日常の合間に無理くり、
制作をねじ込んでいくのだろう。

d0108041_03013639.jpeg

どんなに作品に情熱を注ぎ込もうと、
作ろうと、作るまいと何ら反響のない、
この日常の先にいったい何があるのだろうか。

ただ歳をとる。

どんどん歳をとる。

そして、おおよそみんな、

思ってもみなかったタイミングで死んでしまう!

それだけの人生だったとしても、
べつに不満はないし、他に望みもないけど、
ああ、でももう一度京都の鴨川には行きたいな。

あそこにいた若者らが醸し出していた淡い空気、
あれを胸いっぱい吸い込みたい。そして東京に戻り、
一人きりのアトリエで吸っては吐き、吸っては吐き、
他人の青春をひそかに反芻するのだ。

うう、なんてキモい36歳だ・・・

制作を優先すると友人との交流がなくなる分、
せめてバーチャルで人様の思い出を味見したいと思う。

ただそれだけだ、この変態野郎!!

d0108041_03015323.jpeg

制作していると、古い友人たちの事ばかり思い出す。
彼ら彼女らが今ごろ何しているのか、知る由もない。
かといってSNSでチェックする気にもなれない。

具体はいらないんだ。ランチに何食べたとか。
大切なのは消えない印象であって、
具体でもなきゃ、即時でもないんだってば!

十数年会ってない友人たちでさえ、
俺の頭の中では元気よく走り回っているよ。

KくんがYちゃんに、YちゃんがHさんに、
そしてNちゃん、Mくん、T、S、R、K、I…と、
次々バトンをつないで疾走していく姿が見える。

みんな、元気しているのだろうか?

がんばれ、つっ走れ!!

結婚していようと、離婚していようと、
家族と暮らしていようと、一人暮らしだろうと、
人は皆、孤独なランナーみたいなものだし、

俺もこうして深夜3時にひとり、
畑のど真ん中で粘土をこねているぞ!

by kan328328 | 2019-06-30 03:03 | アート

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31