感の感による感のための考察

d0108041_15402101.jpeg
「狂おしさのあまり枯野をさまよう三宅感」


もう先月の話になるけど、
再び彫刻科3年生の講評があった。

人前に作品をさらすという行為は、しんどい。
特に思い入れの強い作品ほど、発表時にはまるで、
公衆の場で全裸になるような羞恥心をともなう。

なので、それをクラスメイトで見せ合うとなれば、
当然メンタルも傷だらけになるわけで。

学生さんはホントに大変だなあ、と思う。

講評後にくやし涙を流す子もいたりして、
そういう鮮度の高い感性が、俺には眩しかった。
ずいぶん長いこと忘れていた感覚のようで。

かつて、
シルクのように細く張りつめていた俺の感受性は、
汗努力忍耐といったウェッティな環境の中で膨張し、
今じゃ武蔵野うどんのように図太くなってしまった。

おそらくあと5年もしないうちに、
人前でガハハハと笑うようになるのだろう。
心の変化(鈍化?)って、ふしぎだ。

毎年2万人以上が自殺しているこの日本で、俺は、
こんな低所得な生活にあっても不安はなく、
子供を育て、金にならないアートに夢中になり、
胸にはいつもミントの風が吹いている。

なんくるないさー、フ〜といった感じ。

d0108041_15403952.jpeg
「土手に寝そべる三宅感」


こんな心境になったのも多分、20代の頃、
藁にもすがる思いで読んだ本のおかげだ。

コリンウィルソン、池田晶子、色川武大、太宰、
安吾、山頭火、原始仏教、大拙、ドストエフスキー、
井筒俊彦、アドラー、ハイデガー、ニーチェ、
ショーペンハウアー、クリシュナムルティ・・・etc。

これら精神のアウトサイダーたちが遺した書物に、
鉛筆でグリグリとページが破れるほどに線引きし、
重要と思われる箇所は大学ノートに書き写し、
「これがこうなる事で悩みが生まれる」などと、
マインド一覧表を作成しては、毎日確認していた。

「大丈夫、俺はまだ、大丈夫・・・」

と、震える指でページをめくりながら。
そうやって頭の暗雲を掻きわける作業をしていたら、
ふと、

「これ全部、自分で作り上げてる苦しみじゃん!」

と、壮大な当たり前に気がついた。
すると、あたたかい陽射しがパーッと差してきて、
重苦しくしかめ面した人生観が瞬時にして軽くなり、
フワワ〜と空の彼方に飛んで行ってしまったのだ。

そのとき俺は心から、

「ありがとー」

と手を振ることができた。

こうしてわが身をもって理解した真理、というか、
自然の理のようなものを要約するなら、

「人は今ある幸せに気づいた方がいいよ」

って事かもしれない。

いや、これだと普通すぎる、というか、
ラーメン屋のトイレに書かれた一筆書きっぽいので、
もう少し具体的にいうと、

「不幸な私というイメージに執着し過ぎると、
周りの善意や大切な事柄が色々と見えなくなるし、
その前に体壊して死ぬよ、マジで」

って事だ。

d0108041_15400852.jpeg
「心の余裕をポーズでかます三宅感」


自分は仕事上(あくまでヘルパーとして)、
福祉施設や障害者運動と関わる事が多いのだけど、
そういう現場でよく聞こえてくるのは、

「私は過去こんなに傷ついてきた」

「あの人のせいで自分の人生は台無しになった」

「あんな事がなければ、きっと今の私は・・・」

「なんであの時あれをしてくれなかったんだ」

といった恨み節の数々。
今の自分にやる気がなく、行動に移せないのは、

親のせい、境遇のせい、学校のせい、制度のせい、
夫のせい、教育のせい、上司のせい、職場のせい、
障害のせい、時代のせい、年齢のせい、外見のせい、

という事らしい。
こうした嘆きを延々と語る人というのは、
傾聴してくれている相手の事は、一切省みない。
相手が聞いていようといまいと関係なく、
まるで独り相撲を取るように、他人の影を借りて、
自分自身を説き伏せようとしているのだ。

でも、これらネガティブな感情を吐露することで、
得られるカタルシスは一時的でしかないので、
時間が経つとまた不安が募ってくる。そして、

自分の不遇を外部の責任にすればするほど、
過去の記憶をひっぱり出して言語化すればするほど、

「私の幸・不幸は外部条件に強く依存しており、
自分にはそれを打開する力がない!」

という、
誤った認識を思考回路に刻み続けているのだ。
その結果、いっそう深刻な無力感に襲われる。

d0108041_15395370.jpeg
「フードコートで休む大三宅感と小三宅感」


口では「自立」や「自由」を謳いながら、一方で、
自らの言動によって主体性を損なうというのは、
なんとも皮肉な話だ。
だから、今すぐ他責をやめればいい話なのだけど、
人は、ダメな自分を正当化してくれる「〜のせい」
という免罪符を、なかなか捨てられない。

「かわいそうな私」というイメージには、
自己陶酔へといざなう甘美な中毒性もあるのだ。

これがたとえばアーティストとかの場合、
悲劇の自己像に酔いしれつつ、痛みの記憶を、
制作のモチベーションに転用できたりもする。でも、
それは少なからず、将来こうむるであろう苦しみを、
先へ先へシワ寄せさせているだけとも言える。

被害者意識を何年も頭でリピートしていれば、
免疫力も下がり、やがては体に不調をきたし始める。

経験したことのない突発性の病気に始まり、肌荒れ、
夜尿症、うつ、喘息、アトピー、紫外線アレルギー、
肩コリ、ギックリ腰、胃痛、頭痛、主婦湿疹・・・

これら心因性の病気に発展することも、
決してオカルトではなく、いたって自然な流れだ。
実際自分にも、20代の精神暗黒期にかけて、
上記の症状が怒涛のごとく押し寄せてきた事があった。

ではどうやってこの病状を克服したかというと、
ただひたすら「今この瞬間」に気づき続ける、
ただそれだけで良かったのだ。

やたらと長いメンタルレポートになってしまった。
この後さらに倍近く文章が続くのだけど、
この辺でやめよう。

そのうち気が向いたら、
痛み主体だった俺のネガティヴな精神状態が、
どうやって今のメレンゲみたいな心に変化したかを、
順を追って解説していけたらいいな、と思いました。

しかし、
いつも似たような自分の内面事情ばかり書いて、
俺はなんて、なんて自分大好き野郎なんだ!!

by kan328328 | 2019-11-05 15:49 | 日常

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31