何て汚れたシャイニーピンクなんだ!!

何て汚れたシャイニーピンクなんだ!!_d0108041_22055872.jpeg

彫刻科生徒全体の忘年会に呼ばれた。


非常勤で呼ばれたの俺だけみたい。
ならば学生に散々作品を見せてもらった、
そのお礼として出し物でもしようと思った。

当日の朝9時にアトリエへ行って、
コンセプトを決める。己をさらけ出すような、
なるべく「俗悪で恥ずかしい感じ」にしよう。

そうする事でこの一年間、生徒作品に対し、
上から目線で吐きまくった自分の批評を、
高めのレシーブで地面に叩きつけるのだ。

「お前に講評など10年早いわ!バシィッ!!」

と。
小学生になろう、と思った。そして、
「僕を一年生からやり直させて下さい」と、
皆に懺悔して周るパフォーマンスだ。

小学生といえばランドセル、リコーダー、
瞬足シューズ、黄色い通学帽だ。さっそく、
スチロールでこれら造形物を切り出し、着彩。
乾かしてる間にハードオフ行って衣装を買う。

「下品なピンク、下品なヒョウ柄、
とにかく下品でコーディネートせねば」と、

この時点で小学生というコンセプトを忘れ、
しこたまピンクの衣服とアイテムを買う。
レジのおばさんの視線が露骨に刺さる。

アトリエに戻ると造形物をバイクに乗せ帰宅。
奥さんに「ケバメイクよろしく!」と頼んで、
化粧してもらった。

そして、午後3時。ちょうど、
6時間きっかりで終わった事に満足しつつ、
ランドセルを背負って鏡の前へ立つ。

何て汚れたシャイニーピンクなんだ!!_d0108041_22111212.jpeg

そこには、
奇妙に老けた小学生が立っていた。いや、
「学生」と言うにはあまりにおこがましい、
グロテスクに疲れはてたオッサンだ。

正直、
この格好で電車に一時間乗るのはキツいな…
と思った。

気合を入れるため、
YouTubeでFKAツイッグスの曲をかけつつ、
冷やしてあった安焼酎をグイグイあおる。
飲めば飲むほどに、だんだんと、
「よっしゃ、行ったろまい!」と気合が入り、
やにわにその場で踊り狂ったあと、
闘争心むき出しで家を出ようとする。

と、
絶妙のタイミングで息子が保育園から帰宅。
父親のゴテゴテした身なりを、
まるで汚物を見るような目つきで眺める。

俺がたしなめるように、

「これはパパの表現なんだ」

と説明するも、無視。
だまって自分の部屋に入っていった。

5分後、部屋から出てきた息子に、
「これ読んで」と突きつけられた紙片には、

何て汚れたシャイニーピンクなんだ!!_d0108041_22235190.jpeg

と、書かれてあった。
やんわりとした絶縁状だ。

「そっか、まだお前にはわからないか…」

と、余裕をかまそうとするも、
酒が入っているせいで急に泣きたくなる俺。
奥さんが、
「パパは真面目にふざけてるんだよ」
とフォローするも「イヤなものはイヤ!」
と、当然の主張をする息子。

俺は深く傷ついて、何もかも、
すべてやる気がなくなって布団に入り、
ふて寝した。

いや、
ふて寝といっても逃避ではなく、
軽い睡眠を取ることによって、
頭の中で良い感じにアルコールが発酵し、
新たな変性意識に入ることを期待した、
ってのもある。

何て汚れたシャイニーピンクなんだ!!_d0108041_22051767.jpeg

しかし30分後、目覚めてみると、
さっきよりシラフになっていた。

「…俺、なんで全身ピンクなん?」

という疑問とともに、
わけのわからぬ地獄の反問が襲ってきて、
ヘナヘナとその場にへたれこむ。

「どうした笑?」

と、
奥さんが腹を抱えて笑っている。

本当だね。どうしたんだろうね。
俺の36年がこんなブスに集約されちゃった。

「…俺、まちがってる?ねえ、ねえ」

と、しつこく奥さんに食い下がる俺。

「良いんじゃない?やりたいなら…」

そうなのだ。
やりたいなら、やればいい。

何て汚れたシャイニーピンクなんだ!!_d0108041_22050748.jpeg

…やりたいのか?

36歳で、ピチピチの子供服を着て、
生徒の前に飛び出して行くことが、
本当に俺がやりたかった事なのか?

などと、
一通り自問自答した結果、

「ええい!ままよ」

と外へ飛び出した。

その後、電車に飛び乗ってしまえば、
あとはもう全身落伍者のような心持ちで、
「見たけりゃ見てね」
と、腹が決まるもんだな、と思った。

この格好のまま、
帰宅ラッシュの満員電車に揺られる事、
一時間。無事に会場へ到着。

「70名様のお部屋ですね」と案内され、
大部屋に入って行ったら、皆にウケた。

良かった。

あと酔っ払って覚えてない。

何て汚れたシャイニーピンクなんだ!!_d0108041_22053808.jpeg

ボンヤリ記憶してるのは、
生徒と「翼をください」を熱唱していた事。

何やら泣いている生徒に自分の宝物だという、
シルバニアファミリーのネズミをもらった事。

「救われました」

「キショいからあっち行け」

「レジェンド」

「好きです」

「根性すごいすね」

「パンツが気になって会話が頭に入らない」

と、
皆のコメントが頭の中でグルグル周り、
ああ、こんなカオスにまみれて死ねたなら、
どんなに恥ずかしくて幸せだろうと思った。

何て汚れたシャイニーピンクなんだ!!_d0108041_22061153.jpeg

気づくと終電が近づいていて、
あわてて会場を出た。
ランドセルもリコーダーも通学帽も、
生徒が欲しがるので全部あげてしまった。

そして、身ぐるみ剥がされた俺は、
ただのケバいオッサンとして帰宅した。

by kan328328 | 2019-12-20 22:46 | アート

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31