バグった正月

バグった正月_d0108041_04471697.jpeg

あけましておめでとうございます。


人生で初めてインフルエンザにかかった。
39度近い熱が4日以上つづき、
強烈な頭痛、悪寒、吐き気とともに、
妄想とも現実ともつかない光景が、
頭と目の中間でグルグル回りつづける。

いかつい男同士の手が組み合って、
ひたすら親指相撲をしている。
そのくんずほぐれつする肉弾戦から、
気持ちが悪いのに目が離せない。

病院から処方された薬には、

「インフルエンザ患者は、
幻覚を見る場合があります。
窓から飛び降りる恐れがあるので、
なるべく一階に寝かせてください。」

とあった。
でもここは二階で、一階は駐車場だ。

いっそ飛び降りてしまいたいくらい、
暗澹たる心持ち。回復の兆しもなく、
時間だけがどんどん過ぎて行く。
気を抜くと、

「自分は何者でもないんだな。
たまたま今は美術に携わってるだけで、
実は人生のド素人、何の才能もない奴だ」

という暗い考えが、
妙なリアリティを帯びてきてしまう。

バグった正月_d0108041_04470474.jpeg

気をまぎらわすためにメールを開くと、
Facebookから「もっと友達を作ろう」
という催促メールが来ている。

いつもは削除するだけのメールを、
この日ばかりは余計なお世話だ、と思う。

Facebookは俺に何を期待しているのだ?
どんな人間と仲良くした所で、最後には、
持て余した自分と突き当たるだけだよ!

と、いちいち被害妄想スイッチが入り、
そんなメンドくさい自分が嫌でたまらない。
こんなデリケートに養生してるのも嫌だ。

食欲も全然わいてこず、
ずっとアイスの実ばかり食べていた。
朝から晩までアイスの実を食べていた。

布団の中では、ほてった頭を起こして、
アイスの実のパッケージを、裏と表と、
飽くなく眺めつづけた。
マスカット味は果汁が80%も入っており、

「100円でそこまでするか…」

という驚きで、しばらく放心状態になる。

怒るポイントも、感動するポイントも、
わりと派手にズレている自覚はあるが、
それを軌道修正する気力もない。

「いっそ熱が下がるまでは、
この狂った脳みそと仲良くしよう」
と思った。

by kan328328 | 2020-01-08 04:50 | 日常

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31