東京のバカヤロー

東京のバカヤロー_d0108041_11480887.jpeg

コロナ報道に動揺する日々だ。


前橋の個展はオーナーの八木さんに任せっぱなし。
展示作品に使用してるポンプは3つの内2つ故障。
修理に行きたくとも、

「東京から地方への移動は殺人行為です」

と連日アナウンスされれば、動こうにも動けない。
保菌者意識も高まって、家の赤ん坊に触れる事すら、
なんだか罪悪感。

複数かけ持つ介護仕事にも影響が出てきてるし、
本来なら小学校で新しい友達を作り、
広い校庭を走り回っているはずの息子も、自宅学習。

それがよほどストレスなのか「プロレスごっこ」
の名目で毎日、俺の背中を殴りつけてくるのだが、
日に日に拳の力が強くなって来ていて、ヤバい。

東京のバカヤロー_d0108041_11485967.jpeg

昨日も息子のボディーブローがモロに入り吐き気、
とっさにエヘヘと笑ったものの、うずくまる俺。
それを見て「ヒャッハー!!」と暴徒化した息子、
飛び乗ってきて俺の顔を股間で圧迫してくる。

もう何の技をかけられているのか、わからない。

かと思えば、急にお笑いコンビの練習をさせられたり、
絵本作りに没頭したり、昭和の刑事になりきって、
紙で作ったタバコを部屋にポイ捨てしまくったり、
生後1ヶ月の妹の頭にかぶせる触角らしき物を作ったり、
オリジナルダンスを踊ったり、絶叫したり、

まあとにかく自己表現に忙しい6歳児だ。

そんな中、
たまに彫刻科の学生さん達が連絡をくれて、
家で出来る制作はないか、大学は再開するのかと、
先行きの見えない不安を打ち明けてくれる。が、
俺もまた不安なのでかけられる言葉などなく、

「ウチら一体、どうなるんかね・・・」と、

電話口で一緒になってプルプルするしかない。
悲しいかな、重度のぜんそく持ちである俺は、
もしコロナに感染したらアウト、なのだ。

東京のバカヤロー_d0108041_11494680.jpeg

死にたくない・・・

こんな志半ばで無名の作家のまま、
呼吸困難で死ぬとかマジありえねーしと悔しく、
ただ、ひたすらに悔しく!我が病身を呪うのだ。

呪うのだ!ぜんそくを!運命を!

呪う?呪うのか。

いや、呪わない。

そういう、すぐに何かのせいにする、
今まで散々たどった思考回路、俺もうやめる。

東京のバカヤローに裏切られ、

純情は踏みにじられ、ツバ浴びせられ、

ションベン引っかけられ、こんちくしょう!

っていう長渕風メンタル、俺もうやめるよ。

息子にせよ、学生さんらにせよ、
こうして唐突に学習機会が奪われた時ですら、
自分にできる事はないかと模索してるってのに、
踏みにじられた被害者意識を、俺、
お外にぶちまけてる場合じゃないから!

by kan328328 | 2020-04-14 11:53 | 日常

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31