プレーンソング

プレーンソング_d0108041_09052864.jpeg

毎度のことだけど、展示が終わると、
自分の中にあった訴求力のようなものが、
スッと消え失せてしまう。

嬉しいわけでも、悲しいわけでもなく、
かといって虚無というわけでもない。
人間のふりだしに戻った感じ。

これは小学生の頃にふと思い立って、
17号沿いをひたすらチャリで走った時の、
あのまっさらな感覚に似ているな。

前橋の見慣れぬ景色の中で時間を忘れ、
踏みこむペダルの一足一足に満足を味わい、
その瞬間こぐだけのカタマリと化す感じ。

まっすぐで良かったな。

あのまま現在の年齢まで、
まっすぐこいで来れば良かったのにな。

プレーンソング_d0108041_09040049.jpeg

13歳くらいから自我意識に蝕まれて、
何だかおかしくなったな。

昨日まで100円ガチャのスライムを、
ムギューッと引っ張って遊んでたガキが、
急に「人間とは?」「死とは?」と、
苦悩の波に溺れはじめるんだから、
思春期っておそろしいよ。

誰か見かねた大人が、

「おい君、波なんか来てないよ。
何で道路のまん中で溺れているの?
ここは群馬だよ」と、

当時の自分に教えてくれていたら、
きっと違っていたかも知れないな。

「怒りや悲しみ、嫉妬、虚無、不安は全て、
「時間」と同義なんだ。そして、
時間こそは妄想の産物なんだよ」と、

端的なプチ真理を教えてくれるだけで、
心の重荷を下ろすことができただろう。

プレーンソング_d0108041_09032048.jpeg

でも、
そんなアドバイスをくれる大人なんて、
そうそう世の中いないのな。
せいぜい「いい心療内科を紹介するよ」
「運動と睡眠と親への感謝がありゃ治る」
とか言うのが関の山で。
てか、
大人なんてどこにいる?老け顔だけなら、
朝からパチンコ屋にズラリと並んでるけど。

だから、いつの時代も孤独な少年少女は、
崖っぷちギリギリの所で一人、
のたうち回るしかないのか、と思う。

リスカして万引きして根性焼きして、
ふと冷静に辺りを見渡した時に、あれ、

こんなに血ヘド吐いたわりには、
草木はただ草木として目前にあるし、
空は空として、スマホはスマホとして、
自分が存在するこの瞬間「だけ」を、
物質総出で保証してくれているな…

と、自分で気付くかもしれない。

プレーンソング_d0108041_09043631.jpeg

そうやって「今」に気づくことが唯一、
本人の中で説得力を持つ瞬間なんだろな。

であれば「生きていればいずれわかる」
などという、時間軸に依拠した教訓に、
何ら真実はないわけだ。

必要なのは、瞬時の気づき、それだけ。

それだけで「アイデンティティ」とかいう、
自分だけの価値体系は瞬時に崩れ去り、
何にでも挑戦できるようになるのだな。

逆に、その気づきがないと、

メディアなりSNSなりイデオロギーなり、
誰ぞが発信する価値を信じるしかない故、
視野はどんどん狭まり、周囲が敵に見え、
終いには手も足も出なくなって窒息だ。

プレーンソング_d0108041_09064864.jpeg

ああ、だから「価値」なんて、
あくまで人間の考えたゲームだって事を、
忘れないようにしたいな。いつだって。

万物全て粒子のツブツブでしかないなら、
そこに優劣のヒエラルキーは存在しない。

文化もまた、並列に見る視点が必要かも。

たしかに、美川憲一の柳ヶ瀬ブルースも、
ブルーチアーのサマータイムブルースも、
どちらも熱帯夜に聴くとシビれるよな。

アンパンマンも、ベルイマンも、
主役は水の洗礼を受けて泣いているよな。

アラン・ヴェガも、スト2のベガも、
ヤバいオッサンとしては理想の姿だよな。

アグラかいてフォアグラ焼いて良いよな。

みんなちがって、みんないいよな。

でもこんなフラットな価値観を説く男が、
美大で講評なんてしちゃいけないかもな。

価値を考慮しない地点に、
批評なんて成立しないわけだから。
そんでもって時間性の否定は、
綿々とつづく歴史性の否定でもあるしな。

だからこんなタワゴト、もうやめような。

そうだ、前にFacebookもやめるって、
このブログに書いたっけな。
価値の否定を説くくらいだから、
Facebookなんて簡単にやめられるよな?

どうなの?

いや、もうちょい続けます…

by kan328328 | 2020-05-09 09:56 | アート

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31