地下室

ドストエフスキーの地下室の手記を読んだ僕の友人が、もう一人の友人に、「三宅そっくりな奴が出てくるから読んでみ。」と薦めていた事を知り、ショックでした。
もう本当に本当に、一番突かれたくない部分を突かれたーーーー。
その主人公っていったらもう、歯ブラシ一本買うのにも、理由付けが必要なくらいなんだから。

何故歯ブラシを買うのか?
今持ってる歯ブラシの毛先が乱れてきたから。
何故ビトウィーンアルファを選ぶのか?
コマーシャルで観て好印象だったから。
何故ピンク色のビトウィーンアルファを選ぶのか?青い方じゃだめなのか?
青い方を選ぶということは、小学校来の「男は青」の教えを馬鹿正直に守っている気がして癪だから。ならばあえてピンクを選んでやれ!

そんなだよ。俺はあんなじゃない違う違う違う
怖いよーーーーーーーー。

ああ
朝、胸に猫のニャン太がどっしり座っててニャーと俺に鳴いて、ほれほれと鼻の頭指で撫でて、遠くで恋人がパンケーキ焼いてる音がして、一緒に食べて、美味しいねえと、ハチミツよりジャム塗りたいねえ、ラズベリーがいいかそれともアンズがいいか迷って、結局君の好きな方塗れば良いよ、で落ち着いて、冷蔵庫覗いたらもうどちらも空っぽで、仕方なく、二人で自転車二人乗りして、カゴにニャン太乗っけて、川沿いのスーパーまでジャム買いに行きたい。川面がきらきらして、遠くでラジオ体操が聞こえて、「この歩道橋って出るらしいよ・・・」「朝からそんな話やめて!」アハハハ、みたいな、ああそんな生活をしたいな。
死ぬときは「存在の耐えられない軽さ」のラストみたいに、二人でニコニコ車乗って出かけてる最中に死ぬんだ。何て幸せなんだ。

こうやって毎日バイト先で一人酒飲みながら妄想するのはもうやめだ、悲しいぞ。
酔いが醒めたら即、削除するんだこんな文章。

みんな路上に出てタップでも踏めばいい。楽しくなるよ、きっと。
しかめ面でさも俺が一番辛いって顔のおじさんばかり、うようよいるよーーーー。

画像は、俺の実家のアトリエの中だよ。


d0108041_12243345.jpg

Commented by サン at 2007-03-02 06:02 x
地下室の彼は三宅氏にそっくりだけど、「地下室の彼は芸術という手段を持ってない」とも言ったですよ。ここ大事ね。でも考えてみれば地下室の彼も文章を書いてエンターテインメントしてるから立派ですね。
Commented by kan328328 at 2007-03-03 12:04
サンさん。いや、勝手にズバッときたんだ。やっぱりか…みたいな。
自分でも「こんな奴にはなりたくない」ってのと、「こうなりかねない」ってのが両方あったんだあの本に対して。
自分は文武両道でいたい、これからも。
よし頑張るぞ!
by kan328328 | 2007-02-26 01:03 | 日常 | Comments(2)

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30