貝に見初められた

d0108041_13335357.jpg

新しいコレクションが仲間入りした。
アンモナイトのグリムさん(上)とジャスパー(下)です。
とても良い。

さっきから部屋の外で子どもの泣き声が聞こえます。
「アバ(カラコロ…)!アバ(カラカラ…)!アバ(コリン…)!」
泣き声の間に妙な乾いた音が混じってる。
ペコちゃん舐めてる最中母親に引っ叩かれたんだろうと予想。
部屋のフスマから一本だけ、赤錆びた釘が飛び出ている。モアイを遥か遠くから見ると釘に見える気がしてきた(帽子被ってる奴に限り)。
モアイは俺の目をじっと見据え、こう問いかける。
「こうして二人で見つめ合ってまばたきを交互にしてたら、相手は常に目を閉じている様に見えるだろうか?」

バイト先でシナリオ書く。一時、高揚。睡眠。
短編映画二本程、近々撮影する予定。
いつもの如く妥協抜き、全力投球。

帰り道にいつもいるニャンタは可愛過ぎるので、もう、立ち止まらない事に決めた。
そうだ、これからは無視するのだ、僕は。
触って撫でて抱く事しかできないなら、いっそ目の前から消えてくれ!
by kan328328 | 2007-03-10 14:06 | 日常 | Comments(0)

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30