ものすごく久しぶりに

ものすごく久しぶりにこのブログを覗いた。二ヶ月ぶりくらいか。古い友達から書き込みがあって、うち震えた。更新してかなきゃだめだな!
こないだ大学時代の友達が、ベトナムに旅行して現地でテレビを観てたら、俺が出演していたので、驚いた、とても嬉しかった、とメールをくれた。デジスタはアジア各国で流れてるんだね。俺もメールもらってとても嬉しかった。

こないだ渋谷の「青い部屋」というデカダンなライブハウスで、友達のバンドの演奏と僕の短編映画を上映をしたんですが、忙しさのあまりその宣伝を書き込むの忘れていた……せっかくのブログなのに。しっかりしよう。

ああ早く新作が撮りたい。脚本だけが増えていく……。

今、全てがポジティブな方向に向かっていて、かえって不安。かつてない程幸福な気分が日々続くもんで、これは後々豪鬼レベルの災いが降り掛かってくるんじゃないかと。素直に幸福を享受できないのは悪い癖だ。
青い部屋で上映した新しい短編「春ちゃん、でびゅう」ってのがあって、その主役の女の子が、ずっと頭ん中駆け回っている。我ながらかなり濃いキャラクターを作り上げてしまった。
春ちゃんの夢は国際的なアイドルで、いつもデビューのきっかけを待ちわびている。
彼女はいつも、思う様に事が運ばないとすぐに嗚咽して、絶叫しながら駆け回って、歌いだす。自分のフラストレーションを全くコントロールできない。
アイドル応募のはがきを書いても、ポストの右と左のどちらに入れて良いのかもわからない。頭が弱いのだ。馬鹿で馬鹿でしょうがない。
服は小学校から同じ服。ヨダレやらジュースのシミやら土やらで真っ黒だ。胸にはださいキャラクターのアップリケ。

この短編を撮っていた期間は週7でアルバイトしてて、シナリオを練る時間も、ロケハンする時間も全くなく、ほとんど準備なしで撮ってしまったので、出来が非常に荒くなってしまった。
同じ役で今度はしっかりとした短編を撮ろうと思う。演じてくれた鈴木万紀子さんが了承してくれればの話だが。春ちゃんが放っとけない。彼女は今も、薄汚い平屋の一室でひとり、歌っているのだ。
d0108041_10134012.jpg

by kan328328 | 2007-05-15 10:53 | 日常 | Comments(0)

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30