カラックス、その佇まい……

そして、僕はカラックスに会えたのか。
僕はとある映画館で映写技師として働いているのですが、そこに今日、レオス・カラックスがやってくるというのです!

今日は僕もちょうどシフトに入っていたので、フィルムの映写をしつつ、カラックスを待っている状態でした。
もし会えたなら、サインをそこかしこにして欲しくて、スペインから取り寄せたポスターやら本やらパンフレットやら自前の8mmカメラやら家から山のように持って行ったんです。
カラックスに少しでも自分の痕跡を残したくて、昨日の夜からプレゼント用の絵も描いて、持っていきました。カラックスの映画をイメージして……と言っても、描く時間が六時間位しかなくて焦りながら描いたので、構図もモチーフも色もかなり適当になってしまいましたが……。

カラックスは七時に来るとの情報が入り、エレベーター前でうろうろ待っていると、「ポーン」と到着の音が!
開いた扉の向こうには、背の高いフランス人関係者に囲まれ、深い茶色のグラサンをかけた、憧れのカラックスが!あまりの感動に言葉が詰まり、ただ「あ……あ……、」と呟く事しかできず、そのまま彼は上の階へと消えて行きました。そして制作者の方に「これから打ち合わせしなきゃだから、二時間後にまた来て。」と言われ、僕は黙って映写室に戻りました。

それから待つ事、二時間半。
ようやく部屋に来るよう指示を頂き、恐る恐るドアを開けると、目の前に、必死に携帯をいじっているカラックスが!!
感動でした。受付の女性に訳してもらった手紙を読み上げ、どれだけレオスのファンかと言う事を伝えて、絵を渡しました。レオスはにやりと笑い、握手してくれました。嬉しかった。
そして「boy meets girl」のポスターにサインをしてもらおうと、机の上に広げると、周りの関係者が「どこでこのポスターを手に入れたんだい?」とかなり興味を示して来ました。スペイン版ポスターはなかなか希少価値があるようでした。
そして更に自前の8mmカメラZ800にサインを貰おうと取り出すと、さっきまで携帯をいじってたカラックスも興味を示し、「これはスーパー8かい?」「フィルムは日本だとどこで買えるんだい?」と質問してきました。でもとても緊張していたので、僕はろくに返答もできませんでした。

とにかくとても嬉しい一日でした。順を追って文章書くのって難しいね。
おしまい
d0108041_20744.jpg
d0108041_208283.jpg

by kan328328 | 2007-06-02 20:09 | 日常

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30