その後

デジスタは残念ながらその年のグランプリには選ばれませんでした。
僕は身長2m80の巨大な天照大神に扮装し、引きこもる用のテント(岩戸代わり)まで作って持って行ったのですが、テントが多き過ぎてスタジオ内に入らず。やむなく神様だけの入場となりました。でも、作品が選ばれなかったのでテレビにもろくに映りませんでした。悔しいなあ。
オンエア中、僕はかなり巨大だったため、椅子にすら一人でろくに座れず、スタッフの方に手伝ってもらう始末でした。春先のぎっくり腰出演に懲りず、また迷惑をかけてしまいました。本当ごめんなさい……。
作品の内容と関係ない演出ってのは、ダメな事だろうか?
自分の誠意の表し方が、いつも人と食い違います。僕はバカですか。
でもやっぱりこれからも自分は、群衆の中に入った時には常に、道化の役回りでいたいな!と思いました。去勢された犬でもないのに、自分のナイーブさを堂々とさらけ出すなんて出来ない!
繊細な男か。大学にわんさといたな。みんな自己顕示欲と鬱病を行ったり来たりで、モテるんだ、そうゆうタイプがまた。
自分は人に迷惑をかけない道化になるよう、努力します。
話は戻りますが、出演者の中で一人、全て手描きのアニメーションを出している人がいて、モニターでチラッとしか紹介されなかったのですが、相当枚数描いてる様で、苦労して作った物ってのは、どうしてこうも胸に迫ってくるんだろう、と感心しました。そうゆうアナログの味は置き去りに、アーーートはこれからもデジタル街道まっしぐらなのか。いってらっしゃい。
うん……何だか、無性にマラソンしたい気分。でも喘息起きるからしない。

マヤ・デレンの三番目の旦那さん、イトウテイジのCDを借りました。
とても良いです。侘び寂びな雰囲気を持ちつつも、国籍不詳な音楽です。
こうゆう、真っ昼間の白い町並から人の影が出たり、消えたりするどこか不穏な気配。良いですね。半分死んでる感じがしますね。
キリコの絵画。ベルイマンの「沈黙」。芥川の「蜃気楼」。つげ義春の「コマツ岬の生活」。早川義夫の「かっこいいことは…」。植田正治の写真…etc。
こういう絵画、映画、小説、漫画、音楽、写真は、媒体は違えど、どれも根底には、無言の詩が流れている気がします。作ってる本人は、むぅ…と押し黙ったままで、日常空間をぐんにゃり捩じ曲げようとしている。周りのみんなが、気付くか気付かないか程度の、ささやかなぐんにゃり。みんな、詩心に鍛えられているんだな。
見えないものを見ようとするのは、感じようとするのは、信じようとするのは、労力いると思います。人間だから、一般生活も同時に送らなくちゃいけないし。まして、見た目のインパクトや話題性といった「押し」の力には頼らずに、雰囲気、余韻、気配とかの「引き」の力だけで見せようとするのは、勇気があるな。見落とされるかも知れないのに。
芸術家って……。
d0108041_7503187.jpg

by kan328328 | 2007-12-13 09:25 | 日常

美術作家・三宅感のブログです


by kan miyake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30